散らかった俺の部屋とHair

趣味でバンドをやりながらサラリーマンをしているハゲのブログです。

鹿児島に行ったら鳥刺し食べときゃ間違いないから!【おすすめグルメ情報】

 

f:id:TRASHMIND:20170315103551j:plain

 

鹿児島に行かれたらとにかく鳥刺しを食べてみてください。

めっちゃおいしいから!

さつまあげ?かつお?そんなのは二の次でお願いします!

 

ということで、今回は鹿児島県が誇るめちゃうまソウルフード「鳥刺し」について記事を更新したいと思います。

 

 

 

鹿児島では鳥刺しがどこでも買える

 

鹿児島県の街中には鳥刺し屋さんが点在しています。

 

 

Google Mapで「鹿児島県 鳥刺し屋」で検索しただけでも上の地図の通りたくさんの店舗が表示されます。

恐らく検索に引っかかっていない店も他にたくさんあると思われますので、鹿児島県にはたくさんの鳥刺し屋さんが存在します。

 

他の都道府県にもあるのでしょうか?

私が住んでいる大阪府にも地鶏を扱うお肉屋さんはたくさん存在しますが、鳥刺し屋さんは見たことがありません。

 

※調べてみましたら、鶏の刺身を食べるのは鹿児島県と宮崎県の一部でしか見られない独特な文化だそうです。

 

鶏肉を「生」の刺身で食べる風習は、日本の中でも、鹿児島県内と宮崎県の一部でしかみられない独特な食文化である。
いつごろから食べられるようになったかという確かなものは分からないが、鹿児島県養鶏史によると、江戸時代の鶏卵肉料理の項目の中で、開聞郷土誌に、「一般家庭料理として、郷士や百姓は、行事には、鶏がつぶされ、ササミは刺身となり、いも焼酎の料理(ショケ)として賞味されていたらしい」と紹介されている。

   引用元:鳥刺し | かごしまの食

 

 

大阪で鶏の刺身を食べようと思ったら焼き鳥屋さんに行くしか方法がありません。

自宅で食べることなど到底できません。

 

鹿児島県では上記の鳥刺し屋さんで鳥の刺身を購入し、持ち帰り自宅で食することができます。

何なら鳥刺し屋でなくともスーパーや道の駅でも普通に販売されています。

出張先で鳥刺し買ってビール買ってホテルで一杯なんてどうですかね?

最高やないですか!

 

とにかく美味しい

 

どこでも買える鳥刺しですが、どこで購入したものでも抜群に美味しいです。(鳥刺し屋さんのものの方がよりずば抜けて美味しいですが…)

 

大阪の焼き鳥屋さんで食べる刺身がゴミに思える(オーバー)ほど、桁外れに美味しいです。(高級店に行けば別かもしれませんが、庶民にはそんな店に行くお金はないので悪しからず…)

 

モモは皮の部分が軽く炙ってあり、独特のコリコリとした食感があります。

ムネの部分はすっとかみ切れるほどやわらく、どの部位もとても美味です。

 

店によっては、手羽先(コリッコリ。すごい歯応え)や手羽元(個人的にはこれが一番好き)の刺身を提供しているお店もあります。

 

個人的には刺身界の王様。キングオブ刺身。だと思っています。

 

最高においしいです。どんな魚の刺身よりも愛しています。

 

f:id:TRASHMIND:20170315103607j:plain

 

上記分で約700gです。

右側のお皿が手羽先と手羽元になります。

 

 

値段もお手頃

 

そして最高に美味しいだけでなく、値段もお手頃です。

お店によっては100グラム当たり200円ほどで購入できるんです。

大阪の焼き鳥屋さんで食べたら全然美味しくないものが、5~600円くらいはします。

 

鹿児島の鳥刺しはコストパフォーマンスも抜群です。

 

まとめ

 

その辺でとても美味しい鳥刺しを買える鹿児島の人たちがとてもうらやましいです。

 

ほんとその辺のスーパーとか道の駅でもお手軽の購入できますが、せっかくなので鳥刺し屋さんで購入されるのをおすすめします。

 

お店によっては真空パックを施してくれる店もありますので、おみやげとしての購入も可能だと思います。

 

あと九州の刺身醤油も合わせて購入をおすすめします。

独特の甘みのある醤油でとても鳥刺しに合います。

 

 

おろしにんにくとおろししょうがも忘れずに!

 

鹿児島県に行かれることがある方は是非鳥刺しをご賞味してみてください!

 

ちなみに探してみたら通販もありましたので、鹿児島に行けない方はこちらもどうぞ!↓

 

 

(鳥刺しであたるとなかなかひどい食中毒にかかるようなので、その辺は自己責任でお願いしますm(__)m)

(ちなみに私は30年ほど食べ続けてますが、今のところあたったことはありません)

(I have a strong stomach!)

 

最後まで読んで下さいましてありがとうございましたm(__)m

 

 

広告を非表示にする