読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散らかった俺の部屋とHair

趣味でバンドをやりながらサラリーマンをしているハゲのブログです。

【メリークリスマス】サンタクロースはいないと知った時の話【イブ】

f:id:TRASHMIND:20161224110839j:plain

 

メリークリスマース!

 

みんな浮かれてる?浮かれてない?

 

イイネイイネ!どんどん浮かれようぜ!浮かれて浮かれて今日くらいはハメ外しちまおうぜー!

 

あ、今日はイブやからメリークリスマスは明日なん?今日はメリークリスマスイブなん?

 

そんなん知らんがなー!ええやんイブでもなんでも浮かれ腐ったらええやん!

 

ほんでクリスマスと言えばサンタクロースですよね!(強引)

 

ね!

 

世のお父さんお母さんは今夜サンタクロースになる為にプレゼント用意してソワソワしてますよね?

 

僕も昨年無事サンタクロースデビューを果たせました!

 

今年もプレゼント用意してまして喜んでくれるかなーっなんて思いながらワクワクしております。

 

で、そのサンタクロースなんですが、皆さんいつ頃まで信じてました

 

え?そんなもん最初からおらんかった?

 

ごめんなさい…デリケートなとこ刺激してすいませんm(__)m

 

まあでもごめんなさい!ここは僕のブログなんで僕の書きたいことを書く場なんでそんな人のことは無視して話進めますね!(暴君)

 

僕は疑うことを知らないスーパーピュアボーイだったんで小学生の高学年くらいまでサンタクロースは存在するって思ってたんです。

 

存在すると思ってたというか、存在を肯定する理由もそんなもんいない!って否定する必要もなかったんで、毎年枕元にプレゼント置いてあるしサンタさんが毎年プレゼントくれてるんやろなーくらいに思ってました。

 

でも小学生の高学年くらいになってくると、あれ?もしかしてサンタさんおらんのかな?みたいな感じで薄々気づいてくるじゃないですか?(え?遅すぎ?すんませんピュアボーイだったもんで!)

 

で、初めてサンタさんが本当にいるのかいないのか本気で気になったんです。まだこの時点ではたぶんサンタさんってのはほんまはいないんやろうけど、いない証拠は掴んでないのでいないって確証は持てていない状況だったんです。

 

とりあえず検証開始ってことで、おかんに聞いてみました

 

僕「お母さん!サンタさんってほんまはおらんねやろ?」

母「さあどうかなー。」(笑みを浮かべながら)

僕「ほんまはおらんねやろ?」

母「どうかなー。」(笑みを浮かべながら)

僕「ほんまのこと言ってや!知ってるんやろ!?」

母「どうかなー。いると思う?」(笑みを浮かべながら)

僕「いないんやろ!」

母「知らん。」(笑み消える)

僕「教えてや!おらんねやろ!」

母「…」

僕「なんで教えてくれへんの!おらんねやろ!」

母「知らん」

僕「嘘つくなや!教えろや!」

母「…」

僕「おい!教えろや!」

母「…」

僕「なんで教えてくれへんねん!おし…」

母「いるわけないやろーそんなもん!!!サンタさんなんていない!!!毎年お父さんとお母さんがプレゼント買ってるねん!!!サンタさんなんていないよ!!!いるわけない!!!」(ブッチギレ)

 

がーん。完全に僕が悪い…しつこすぎた…ほんでやっぱサンタさんおらんねや…

 

おとんとおかんやったんや…めっちゃいい親やん…

 

ほんでおらんやろなーって思てたはずやのにここまではっきり言われるとマジでショックや…

 

おかんのキレっぷりも割と凄まじかったんでほんまにショックでした。

 

僕がサンタさんいないって知ったのはこんな感じで知りました。

 

皆さんはどんな感じでしたか?

 

いつまで信じてました?

 

今時やったらインターネットとか使えたらすぐわかっちゃうよなー。なんかそれはそれで寂しいよなー。

 

僕みたいにピュアな気持ちぶつけたらバッチバチにブッチギレられて知るのも悲しいけど…

 

ということで今年のクリスマスも皆さん幸せに過ごせますように♪

 

メリークリスマス♪

 

え?明日?

 

まあええやん。

 

邪。

広告を非表示にする