読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散らかった俺の部屋とHair

趣味でバンドをやりながらサラリーマンをしているハゲのブログです。

白あんの赤福と黒砂糖の赤福の復刻版が限定発売されるそうな【全国菓子大博覧会 お伊勢さん菓子博 2017】

f:id:TRASHMIND:20170112011622j:plain

 

白あんの赤福が限定発売!?

 

白あんの赤福って何!?

 

気になる!食べたい!食べてみたい!

 

Yahooニュースで見たんですが、白あんの赤福初めて限定販売されるそうです!(あとついでに江戸時代後期から明治時代末期にかけて黒砂糖を使って作られていた赤福をイメージした復刻版も限定販売されるそうですがこっちはあんま興味なし)

 

headlines.yahoo.co.jp

 

黒砂糖の復刻イメージのやつはどっちでもいいとして白あんの赤福が気になりすぎる。

絶対おいしいやん。甘党ハゲとしてはチェックしないわけにいかない。

 

とりあえずめっちゃ食べてみたいんですが、4月に三重県伊勢市で開幕する全国菓子大博覧会「お伊勢さん菓子博 2017」で限定発売されるとのことなんで、三重に行かないと食べれないってことですね。

 

当たり前みたいに書きましたが、全国菓子大博覧会「お伊勢さん菓子博 2017」って何やねん

 

www.kashihaku-mie.jp

 

 

お菓子の博覧会とは

お菓子の博覧会は、お菓子の祭典としてほぼ4年に1度、全国の各地を回って開催されています。その地域のお菓子屋さんがつくっている菓子工業組合が主催しているものですが、地方自治体もバックアップする大きなイベントとなっています。

お菓子の博覧会の始まりは古く、明治44年の第1回帝国菓子飴大品評会にさかのぼります。戦争による一時中断はありましたが、全国のお菓子屋さんの熱意で復活し、名称を全国菓子大博覧会と変えて、1世紀にわたり、これまで26回の開催を重ねてきました。

会場では、全国よりお菓子が集められ展示・即売され、また菓匠により作られた工芸菓子が披露されます。優秀な作品には皇族による総裁賞、内閣総理大臣賞、農林水産大臣賞などが授与されますが、全国菓子大博覧会での受賞は菓子業界の中でも最高の栄誉とされ、賞をもらうために全国のお菓子屋さんは日々腕を磨いています。皆さんは、街のお菓子屋さんの店先によく賞状が飾られているのを見たことはありませんか。

第27回全国菓子大博覧会三重県伊勢市で2017年4月21日(金)から5月14日(日)まで開催されます。

詳しくはこちらをご覧ください。
お菓子何でも情報館 http://www.zenkaren.net/_0100

   引用元:概要 | 第27回全国菓子大博覧会・三重

 

その名の通りお菓子の博覧会ですね。ほぼ4年に1度開催だそうです。「ほぼ」ってちゃんと書いてるとこ好きです。

 

HP見てみますと100名を超える和洋菓子職人による巨大な工芸菓子や高校生・専門学校生が作る工芸菓子の展示があったり約1,800点の全国のお菓子の出品があるそうです。

 

こんなイベントの存在まったく知りませんでしたが、調べてみると結構面白そう。

1,800点のお菓子とか全部見て周る前に絶対に飽きると思うけど面白そう。

 

公式キャラクターもいるそうです。

 

「いせわんこ」

 

f:id:TRASHMIND:20170112005805p:plain

 

いせわんこの公式Twitterもあります。

 

twitter.com

 

語尾は「~かし」で統一。うんどうでもいいな。

 

気になる入場料は…

 

■普通入場券

 前売券当日券
大人※1 1,800円 2,000円
シニア※2 1,400円 1,600円
中学・高校生 1,200円 1,400円
小学生※3 700円 800円
(消費税を含む価格)

引用元:入場券 | 第27回全国菓子大博覧会・三重

 

まあまあ高い…

赤福の為に大阪から高速すっ飛ばして行ってこの入場料か…

もしなんかの用事で三重に行くことがあったらついでに行ってみようかな…

 

お菓子大好きの方いらっしゃったら行ってみてはいかがでしょうか!

もし行ったら絶対白あんの赤福を食べて感想を教えて下さい!(他力本願)

 

よろしくお願いしますm(__)m

 

邪。

広告を非表示にする